歯内療法

歯の神経を残す治療(歯髄温存療法)

歯の神経を取ると極端に歯の寿命は縮まってしまいます。虫歯が深く神経を取らざるを得ない場合であっても、神経を残す方法があります。MTAセメントで露出した神経を覆うことで、神経を取らずに大部分を残すことが可能です。

その後、封鎖性や接着性に優れたセラミックで被せることで、成功率が高まります。セラミック位の被せ物は、見た目もキレイですが、プラーク(細菌)が付きにくいため虫歯の再発が起こりにくいことが特徴です。

日本顕微鏡学会(マイクロスコープ)から北九州市では最初の認定医です。現在北九州では一人だけ認定を受けています。

マイクロスコープ

専門医による治療

松浦 顯

他院で神経を取らなければなりません、または抜歯ですと言われた場合でも、諦めずに当歯科医院にご連絡ください。

天然歯を保存するスペシャリストである、米国歯内療法専門医が責任を持って診査・診断させていただき、貴方の歯にとって最良の方法をご提案させていただきます。

経歴

  • 2002年 長崎大学歯学部卒業
  • 2006年 福岡市内にて開業
  • 2016年 南カリフォルニア大学歯学部・歯内療法科大学院専門医過程修了
  • 2016年 米国歯内療法専門医

所属する学会・団体

  • AAE(American Association of Endodontists) Specialist member
  • ペンエンドスタディクラブインジャパン
  • 医療法人社団精密会 理事長