当院の取り組み

東京ー東京

先週今週と連続で週末は東京で勉強会でした。
一つ目はPRGFといって、採血し血液を遠心分離し
血小板を濃縮したものを再生療法や骨造成に利用するという勉強会です。
村上先生と参加してきました[#IMAGE|S167#]
自己血ですので、副作用は一切なくとても安全な治療法です!
我々の医院でも導入いたしましたので、どんどん利用して
より葉が残せるようにできればと思います

















2つ目のセミナーはBiomemetic dentistryといってあまり歯を削らずに
審美的、機能的、構造的に満足な結果を出すためのセミナーです!
セラミックは色が綺麗ということだけではなく、ラバーダムを用いて
確実な接着を確実に行うことで、エナメル質を温存した状態で審美的な
被せ物をかぶせることができます。
歯のほとんどが残せたら、歯を失うリスクは格段に下がります。
マイクロスコープを用いて精密に形を整え接着します!
歯科医療もどんどん進化していますね[#IMAGE|S180#]

復活

根管治療の専門医である松浦先生ですが、病に倒れられ大変心配いたしましたが、

元気に復活されました!
若松歯科医師会とオープン参加でのご講演をしていただきました。
多くの文献を提示していただき、大変勉強になりました。
健康が一番ですね[#IMAGE|S180#]

歯周病の原則を学ぶ

週末は衛生士チームが北欧歯科の先生方が行なっているセミナーに参加してきました。
歯周病に限らずですが、治療していくにあたり生物学的な原理原則があります。
それらをしっかりと理解した上で治療を行わなければ、良好な結果を得ることは困難です。
グローバルな視点で原則を教えていただきありがとうございました。
毎朝みんなで復習し、患者さんに還元できるようシェアとディスカッションしています[#IMAGE|S101#]
とてもとてもおすすめなセミナーです!!

歯髄温存とコンポジットレジンを学ぶ

先日神戸に仲良し4人組で、歯髄温存とコンポジットレジンのセミナーに参加してきました。

初日7時間の講義があり、理屈や理論をしっかり学ぶことができました。
4人だけのセミナーに4人で参加したので、いろいろディスカッションもでき
とても勉強になりました。
神経は炎症が起きていると思われるところだけを取り除いて、それ以外の部分を温存することは
可能です。とても面白いセミナーでした[#IMAGE|S164#]

Spark!!

勉強会でプレゼンテーションをしたり、学会で講演の機会をいただくことなど時々あるのですが

いかにプレゼンテーションを作り、聞いている方によりわかりやすく聞いていただけるかは
非常に難しいのかもしれません。
東京都でご開業の安藤先生に来ていただき、プレゼンテーションについてのセミナーを開催いたしました。
各々5−7分のプレゼンテーションを行い、自分の癖について確認したりどうすればより伝わりやすくなるのかに
ついてディスカッションしました。
日常生活にも行かせることが多々あり、非常に勉強になりました[#IMAGE|S101#]

CECセミナーで学ぶ

週末、衛生士チームで勉強会に参加してきたようです[#IMAGE|S167#]

長期的なメンテナンスについて多くを学んできました。
順番に報告してもらい、みんなでシェアしています[#IMAGE|S178#]
多くの気づきがあったようです[#IMAGE|S174#]
1次情報に触れることは非常に重要ですね!
おつかれさまでした[#IMAGE|S172#]

歯周形成外科を学ぶ

先週は大阪で中田先生のセミナーに参加してきました[#IMAGE|S101#]

歯周形成外科について多くのことを学びました。
中田先生に歯科医師としてどう進んでいくかについても
たくさん話をしていただき、とても勉強になりましった[#IMAGE|S178#]
早速これからに生かしていこうと思います!

コンポジットレジンと歯周外科を学ぶ

勤務医の藤本先生と伊勢先生がコンポジットレジンの勉強会に参加してきました。

いろいろと学ぶことがあったようです[#IMAGE|S101#]
2人ともとても器用なので、毎日の治療に早速生かしてくれていると思います!
歯科医師それぞれが得意分野をどんどん伸ばしていけたらいいですね!
私は白石先生の歯周外科コースに参加してきました。
昨年、今年とイタリアに歯周外科の研修にご一緒させていただきました。
今回も多くの術式と考え方を学ぶことができました。
抜歯になるような歯も抜かずにすむ可能性が広がりました!
経験やエビデンスも大事ですが、チャレンジすることも非常に重要ですね[#IMAGE|S179#]